ラメラエッセンスCの生コラーゲンについて調べてみたらすごすぎた!

ラメラエッセンスCの生コラーゲンについて

フェース生コラーゲンが配合された高品質の美容液のラメラエッセンスC

公式サイトを見ると「フェース生コラーゲンを23兆個配合」とか「世界初!フェース生コラーゲンの浸透技術」とかかなりアピールされているので、なんとなく生コラーゲンってすごいんだろうな〜って思ってる方も少なくないと思います。

 

私も漠然(ばくぜん)と「なんか生コラーゲンってすごそう!」って思っていたのですが、そもそも生コラーゲンと普通のコラーゲンって何が違うんだろう?と気になったので調べてたら想像以上の結果に驚愕してしまいました!

 

フェース生コラーゲンとコラーゲンの違い

生コラーゲンというのは私たちのお肌に元々存在しているコラーゲンと全く同じ3重らせん構造でできていて保水力がめちゃくちゃ高いコラーゲンです。

 

どのくらい保水力があるのかと言うと加水分解コラーゲン(一般的な化粧品に配合されているコラーゲン)の600倍です!

 

生っていうくらいだから普通のコラーゲンより優れているんだろうなと思っていましたが600倍は想像以上でした。

 

とんでもない保水力を持つ生コラーゲンですが1つだけ欠点が。

 

加水分解コラーゲンに比べて良い所しかない生コラーゲンですが1つだけ問題点があります。

 

分子量が大きすぎてお肌に入っていけない

 

加水分解コラーゲンはコラーゲンの3重らせん構造をほどいて、それをさらに細かくしているので分子量が小さくお肌に入っていきやすいんです。

なので一般的な化粧品には加水分解コラーゲンがよく使われているんですね。

 

それに比べて生コラーゲンはお肌に存在するコラーゲンと同じ構造のままなので分子量が非常に大きくそのままではお肌に入りにくい。

 

ナノカプセルが大活躍!

 

気付いている方もいるかもしれませんが、ラメラエッセンスCに配合されているのはフェース生コラーゲンです!
今まではフェースがついていない生コラーゲンのお話でした。

 

それじゃあフェース生コラーゲンって何かというと、簡単にいってしまえばナノカプセルに生コラーゲンを巻き付けたものがフェース生コラーゲンです。

 

ナノカプセルって何?
薬品などをナノ単位まで細かくしたもので、肌の奥まで成分を運ぶことができる。

フェース生コラーゲンになる事で600倍の保水力を持ったまま、するりするりとすり抜けるように角質層へと浸透することができます!
高い保水力を持っているので、一般的な加水分解コラーゲンが配合されている美容液のようにバシャバシャつける必要はなく少量で大丈夫です^^

 

ラメラエッセンスCってどんな美容液なの?

商品名にも使われているラメラをケアする化粧品それがラメラエッセンスC!と言われてもいまいちピンとこないですよね。

 

ラメラというのはお肌の一番外側にある0.02mmの角質層の一部の事で、お肌が乾燥や紫外線などの外からの刺激を受け続けることでこのラメラが乱れた状態になってしまいます。

 

ラメラが乱れるとお肌の色々なトラブルにつながってしまうんですね!

  • 肌荒れ
  • ハリ不足
  • 乾燥
  • くすみ
  • ゴワ付き

等。

このラメラ構造を正常な状態に保つことができればお肌はいつまでもうるおいのある美しい状態をキープすることができる訳です。
そんなラメラ構造をケアするのがラメラエッセンスCで、先ほど紹介したフェース生コラーゲンがお肌の一部に成り変わって角質層を整えてくれます。

 

さらに加水分解コラーゲンの600倍もある優れた保水力で、ラメラの乱れによって乾燥したお肌にうるおいを与えて、コンディションが低下したお肌を土台から整えてくれるんですね。

 

 

角質層に浸透

フェース生コラーゲンが、水分や油分を失った乱れたラメラをの構造を整えてくれます。

水分を与える

600倍の保水力を持った生コラーゲンが角質層にうるおいを与えながらリン脂質をバックアップ。

内側からプルプル

水分や油分を失ったラメラ構造を整えて肌本来の素肌環境を引き出し、ハリやうるおいのあるお肌へ。

 

 

 

今回フェース生コラーゲンについて調べてみましたが、想像以上に優れた成分で研究されて作られている事がわかりました。

 

ラメラエッセンスCには生コラーゲン以外にも美肌成分として有名なヒアルロン酸やエラスチンも配合されていて、使っている成分も天然由来のこだわって無添加です。
成分について記載した記事もありますのでよかったら読んでみてください。

ラメラエッセンスCの関連記事

 

ラメラエッセンスCの成分。すごいのは生コラーゲンだけじゃない!
ラメラエッセンスCの悪い口コミで多く目につく3つの事とは?

page top